変形労働時間制度

生産性を上げる、時給を上げる、事業収益を上げるには下記の変形労働時間制の活用が重要です。

変形労働時間制度とは

業務量に合わせて労働時間をフレキシブルに設定出来る制度です。年、月、週単位で業務量の波のある職場は、閑散期と繁忙期に合わせて柔軟に勤務時間を調整できるメリットがあり働き改革の流れで導入された制度です。

労働時間には「法定労働時間」と「所定労働時間」があります。通常、法廷労働時間を超えた場合残業代を払う必要がありますが、この変形労働時間制度を導入することにより、労働時間の調整が可能になり、企業としては残業代の削減に繋がります。また従業員にとっては、閑散期の労働時間短縮や場合によっては長期休暇を取得しやすくなります。しかしながら、従業員にとっては繁忙期の残業代が支給されないなどの不満が出ることも懸念されるため、制度導入については事前に全従業員に十部な説明をすることが不可欠です。

厚生労働省HPより抜粋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA